映画「ザ・サークル」を観て

スポンサーリンク
お知らせ

「働き方生き方を自分で決める!そんなきっかけを伝えてまわりたい!」

 

子育てをしながら、司会、講師として、全国を駆け回り、色んな人と会い、大好きなお酒と美味しものを楽しむつたえびと みっこ こと 二岡美樹子(ふたおかみきこ)です。

 

人は、私のことをサイボーグタフ岡と呼ぶ

 

世界観を楽しむ

映画「ザ・サークル」を観てきました。

23772316_1355392197905142_350457027_n

ギリギリに到着し、映画終わりはトイレに行きたくて、ポスターと写真撮れずPC画面です〜。決してPC画面で観たわけではないです笑

 

映画を観ることは大好きです。

正直言うと、若い頃は嫌いでした。

パートナーが映画大好きで、デートで映画に行くとなると、浮かない顔。
でも、行ったら楽しかった〜ってなるんだけど、行く前はいつも浮かない。

そんな私を懲りもせずに連れて行ってくれて、映画が好きになりました。

 

Amazon prime で映画も見放題だけど、

映画館でみるのが大好きです。

 

その世界観やら、時間やら、を買っているんだろうなって思う。

 

とはいえ、忙しくて行けてない。

 

ってゆうのは言い訳にすぎない!
自分の人生自分の時間は自分で作れるはず。

 

言い訳をせずに生きていきたいもんです。

 

使われるでなく、使っていける人になる

「ザ・サークル」あらすじは・・・

観る人もいるかもしれないので、映画紹介くらいにしておきましょう

エマ・ワトソン主演、トム・ハンクス共演によるSNSを題材にしたサスペンススリラー。ユーザーのあらゆるデータを蓄積し、世界ナンバーワンのシェアを誇る超巨大SNS企業「サークル」。憧れの「サークル」に採用された新入社員のメイは、あることがきっかけでカリスマ経営者のベイリーの目に留まり、新サービス「シーチェンジ」のモデルケースに大抜擢される。「サークル」が開発した超小型カメラによって、自身の24時間を公開することとなったメイは、あっという間に1000万人を超えるフォロワーを集め、アイドル的な人気を博していくが……。(映画.comより引用)

 

今、特にSNSについて学ぶ機会が多く、観ておきたい題材だった。

プライベートが可視化された世界の恐怖を描いたスリラー

と称されるだけあって、色々考えさせられるストーリーなのかもしれない。

 

今、団体の中でSNSを伝えていて、SNSを恐怖に感じている子育て中のママもたくさんいる。

AIについてもそう。

ロボットに支配される時代がくる

と怯えることではない。

 

ツールはたくさん出揃った。

自分がなんのツールを使っていくのか。

または使っていかないのか。

それを見極める目が大事になってくるんじゃないかと思う。

 

知らないと、使う人でなく、使われる人になる。

使われることも悪くはない。

何が良いとか悪いとかでなく、自分がどうあるか。

自分の人生なんだから自分で決めていけるんだ。

 

より人間味あるふれる自分

時代はどんどん進化していく。

それは事実だし、悪いことじゃない。

 

だからこそ、私たち人間はどうあるのか。

 

より人間らしく

より人間くさく

より人間味あふれた自分である

 

進化していく時代に、ロボットに勝とうとしなくていいし

勝てないしね(笑)

 

もっともっと人間味あふれた自分であることが大事なんだ。

 

 

そう、映画を観て私が感じたこと。

 

だからこそ、私はやりたいことに時間を使っていきたいな。

 

 

おまけ

 

img_2

フリー画像より引用

映画はエンドロールまで観るのが好き。

余韻を楽しむこともそうだけど、映画をもう一度自分の中で振り返れる時間。

 

どんなにトイレに行きたくても頑張っていたよ(笑)

最後の最後まで世界観を楽しませていただきました。

 

 

 

みなさんの人生がサイコーになりますように。

good Time!

 

 

 

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会21年 司会育成のかたわら、 バス型キャンピングカーで動く店、ソラカフェなないろじかん運営。 地産地消の野菜、調味料にこだわったカラダとココロに優しい食を届けている 現在は、市場に出回らない農作物を利用し、カラダに優しい乾燥おやさいを作成中。
タイトルとURLをコピーしました