全てはチャンスのヒント

スポンサーリンク
ソラカフェなないろじかん

最近、いろいろな出会いがあり、とても嬉しいんですが

なんだか忙しく暮らしています

こんにちは、“関わる人すべてが豊かな人生に”をめざして

なないろじかん 代表 みっこです。

完成した“川西のほしいも”がおもったよりも大人気ですでに生産がおいついていませんが

買ってくださるみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

たくさん遊ぶ

妄想からはじまった干し芋プロジェクトも落ち着いたので

今年はゆっくり暮らすぞ・・・と先週、大好きなスノボに家族といってきました。

とはいえ、緊急事態宣言中、県を越えた移動はと、県内のスキー場に。

県内、関西圏内であればだいたい日帰りが多いのですが、

ハチ高原スキー場に知り合いがやっている素敵なホテル パークホテル白樺館 があるので

1泊で泊まってきました。

  • ゲレンデ前にある
  • チェックイン前でも集会室開放くださり、着替えもできる
  • スタッフの方がみんな素敵
  • リフト割引券がもらえる
  • レンタルもできる
  • ご飯もおいしい
  • 大浴場もある
  • チェックアウト後も集会室を開放してくれて、着替えもできる

などなど、知り合いという点をのぞいでもおすすめです!

日帰りの方には、1室5000円で朝から17時くらいまでお部屋をかしてくださり

何人で使用しても可。大浴場も使用可。小さなお子さん連れにも安心プランもあるしね。

おすすめです!!

仕事もするけど、遊ぶこともめぇいっぱいします。

なぜなら、遊びの中にも仕事につながることがたくさんあるからです。

人との繋がりもだし、アイデアもだし。

いつ何に出会えるかわからないので、いっぱい遊びます。

そして、今回もそんなアイデアに出会ったわけです!

コロナ禍にとってゲレンデはリスクは少なめでは?

「コロナ禍にとってゲレンデはリスク少なめでは?」と書きましたが

あくまでも個人の見解ですので、悪しからず。

なぜ、そう思うのかというと、

  • 野外であるということ
  • マスクを着用していること
  • 手袋をしていて接触する機会がすくないこと
  • 基本、ソーシャルディスタンスですべっていること

などなど、個人的見解でそう思うわけです。

とはいえ、メリットもあれば、デメリットもあるわけです。

  1. リフトはソーシャルディスタンスがとれないこと
  2. ゲレンデのレストランはどこもめっちゃ混んでること
  3. ゲレンデにきていると、テンションがあがるのか、
  4. ご飯の時はマスクを外して大きな声でしゃべる(個人の見解)

 

1に関しては、いつもよりゲレンデがすいてるので、なるべく家族単位で乗るとか

リフトで大声で話さないとかで解決はできそう。

心配なのは、2、3。要は食事です。

我が家も今シーズン3回スキースノボにいったけど、ご飯だけは注意しています。

困ったことはサービスになる

今回も1日目の2日目のお昼ご飯は、持参して集会室でよそ様と一緒にならないように食べました。

とはいえ、簡易的なもの、カップラーメンとか・・・

添加物満載です・・・

そして、もってきたものが足りず、

やむなくレストランにあるテイクアウトのピザを買ってくることに。

ものすごい人、人、人。

そして、オペレーションが間に合っておらず、かなり待たされる・・・

これがなんとも大変だったわけです。

そんな時に、白樺館のオーナーさんと話してて、

「土日だけでも、ゲレンデにキッチンカーがあれば、密にならず、みんな食事にありつけるのでは?」

おぉぉぉぉ。

まさにそれです!

キッチンカーは基本、提供時間の短い物を提供しているし

室内にはいって注文ではないので、換気もいい。

スキー、スノボをする人は、ぱっと食べて、早く滑りたい人も多い

(クタクタで休みたい人もいるけどww そんな人は白樺館へ!)

誰かの困っている・・・なんなら私の困っているはサービスになるということです。

来シーズンはゲレンデになないろバス

スノボ大好きな私は、ワクワクがとまりません!!

なんてったって、仕事としてゲレンデにきつつ、大好きなスノボも楽しめちゃうかも

なんですよ!!

土曜日の朝、ゲレンデ入りして、販売。

宿にとまって温泉。

朝スノボして、昼前から販売。

最後、温泉はいって、仕事終了〜。

なんなら、スキーやスノボ好きな人をバイトでやとって、2日間、店番とスノボを半分づつして

働きながら遊べる!!

さいこじゃ〜〜〜〜とワクワクしております。

「なないろバスにチェーンをするか?」

「もう少し小さめのキッチンカー買っちゃう?」

「オペレーションが簡単な商品なんだろ〜〜〜」

とかまたまた妄想がふくらんでいるわけです!

私は、夏はキャンプ、冬はスノボで楽しむ派。

そこにキッチンカーからめると楽しいことになるなと。

ただ!キャンプはおのおの料理も楽しみの一つだからどうかな〜〜〜とも思ってるけどね。

 

またでた、オーナーの思いつき

干し芋のできってゆっくりすごすぞ〜〜〜といいつつ

すでに新しいことをしようとしています・・・

ただのあほ〜〜なんです。

スタッフに話しようとおもったんだけど時間がなくて

「スキー場、キッチンカー」だけつたえておく!

といって別れたら・・・

オーナーがダイイングメッセージだけ残して・・・と言われ

夜の報告連絡の時には

「バスでスキー行くなら荷物おろさないとですね」と言われました。

そりゃそうか・・・すいません。

遊びに行くわけではないんです〜〜〜

事業として考えてます。

しかし、勝手に思いついたのと、冬の運転はあぶないので

当面は私が担当しますので、安心して。

きっと、「今度はなにをするつもり・・・・」とスタッフは思っているはずww

落ち着きのないオーナーでごめんね〜

楽しく生きていきまっしょい〜〜

The following two tabs change content below.

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会21年 司会育成のかたわら、 バス型キャンピングカーで動く店、ソラカフェなないろじかん運営。 地産地消の野菜、調味料にこだわったカラダとココロに優しい食を届けている 現在は、市場に出回らない農作物を利用し、カラダに優しい乾燥おやさいを作成中。
タイトルとURLをコピーしました