コロナはシンプルにしてくれたのかもしれない

スポンサーリンク
みっこのこと

yesか、ハイか、よろこんで!

葬儀司会をしながら、キャンピングカーでソラカフェなないろじかんを運営し

まんなかすみっこ子ども塾を主催する つたえびと みっこです。

自粛生活の毎日

緊急事態宣言がだされて、1週間 

1週間ですよ!

びっくりしませんか?まだ、1週間です。私だけ?

もう何日も過ごしている気になっていました。

時間の流れがなかなかゆっくりです。

断捨離、掃除、料理・・・ですね。

毎日、パンを焼いてみたり

パンがパンパンだねって言ってみたりw

普段、奥にしまわれているホットサンドメーカーをだしてきたり

さらに奥に奥にしまいこんでたクレープメーカーだしてきたり

餃子作るのに、間違って合い挽き買ってきたり、100つつんでも、餃子餡が半分も減らないこともあるけどw

この自粛で本当によくやっているのは、掃除に断捨離。

 

セスキくんと共に、家のありとあらゆるところを掃除し、いらぬものを捨てまくってます。

見えてくるもの

一見、時間を過ごすための一つ一つにみえるだろうけど、実はここからいろんなことを考えている毎日だったりします。

断捨離をしていると、我が家には、トイレ掃除をする洗剤だけで

 

こんなにあるわけです。

あほです。

でも、これからもわかるように。いろいろと持ちすぎなわけです。

いろいろ持ちすぎて大事なものを見失っている

この自粛になっても「みっこさんはいそがしいと聞きました」とメッセージをもらいますww

いやいや、パン焼いて、掃除している毎日ですが・・・

でも、そんな 二岡美樹子 なんですよ。

ただただ、“トイレクリーナーを山ほど手に持っている私

いまあるのはこれなんだと、愕然としたわけです。それでめまいがして倒れたのかもww

コロナがみせてくれたもの

このコロナで、自粛生活になった。

自粛生活になって、どんどん削ぎ落とされてくる。

仕事もそうだし、人としてもそうだし、家のものだって、感情だって

シンプルになったとき、「大事なもの」が見えてきて合わせて「ひどい真実」も見えてくる。

全てはいいとか悪いとかじゃなく、時間に追われていたから、手に荷物を持ちすぎていたから

見えていなかったということだけ。

コロナは、家も人生も断捨離させてくれて、今までの人生で得てきたものや現状を見せてくれ

これから先の人生に選び取っていくものはなんなのかを

「自分で決める」ことを見せてくれているんじゃないかと思う。

 

よし!

私はなにを選び取って行こうか、この自粛でしっかりと見つめて行こう。

コロちゃん、ありがとう。

友よ、ありがとう。

The following two tabs change content below.

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会21年 司会育成のかたわら、 バス型キャンピングカーで動く店、ソラカフェなないろじかん運営。 地産地消の野菜、調味料にこだわったカラダとココロに優しい食を届けている 現在は、市場に出回らない農作物を利用し、カラダに優しい乾燥おやさいを作成中。
タイトルとURLをコピーしました