奄美子ども体験塾5日目

まんなかすみっここども体験塾

「自分の人生は自分で決める♪」

子どもの力は凄い!

生きてくれているだけで素晴らしい!

子どものチカラをかりて社会の課題を解決する!

まんなかすみっこ子ども塾を主催。

大好きなお酒と美味しものを楽しむつたえびと みっこ こと 二岡美樹子(ふたおかみきこ)です。

人は、私のことをサイボーグタフ岡と呼ぶ

ハコから青空へ♪

キャンピングカーでうごくカフェ ソラカフェなないろじかん オープン。

メインイベント

5日目の今日は、この旅のメインイベント、加計呂麻島へGOです!

奄美市内から加計呂麻島行きのフェリーがでる瀬戸内までは、1時間

朝、5時30分に起きて向かいます。

なんとか無事にフェリーに乗船!

加計呂麻島に到着〜

見せたかったもの

加計呂麻島で私が見せたかったものは

海の綺麗さ。

実久(さねく)海岸は、実久ブルーとよばれる綺麗な海

少し曇っていたのでもっと青い姿は見られなかったけど、子どもたちには、空の色で海の色が変わるほど透明だということが伝わったかなと思います。

楽しみにしていた海

3月の海を泳ぎました

忘れてたこと

と泳ぎながら、気づいたのは

寒いね…

ってこと

そういや、奄美の海開きは5月だったーーー!

入ってるとあったかいんだけど出ると寒いーーーー

というわけで、早々にひきあげ。

失敗なんかじゃないのよ

体験を重ねただけ(笑)

でも、せっかくなんで、寒い海で泳ぐことのメリットも伝えました。

細胞にとって「寒」状況はとてもいいこと。

寒い中だとミトコンドリアのが活性化し、質を高めることで、カラダの機能が向上するということ。

その時を後悔するだけか学びとするかだね。

とみんなで笑いつつ〜

とってつけたものはいらない

次に向かったのは

ガジュマルの木

みんななにをするでなく

おのおのに好きな時間を過ごす。

そうなにもなくていい

親といたら、

何したらいい?

暇〜

帰ろう〜

なんていう子どもたちも、ずっとずっとこの時を楽しんでいました。

大事なのはアクティビティでなく、仲間というヒトなんだと思う。

だからどこでも友達がいれば楽しかったりするんだ。

最後の夜をかみしめる

そんなこんな体験塾も最後の夜

勉強にきている大人の打ち上げと合流して子ども塾も打ち上げ。

それでも最後の夜は、また子ども塾の宿に戻る。

子どもたちなりに最後の夜を惜しんでいるのがよくわかりました。

明日は修了式をして、空港に送って終わり。

子どもたちが眠りについたら

修了証書を作り上げます。

みなさんの人生がサイコーになりますように。

good Time!

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。
タイトルとURLをコピーしました