善人の沈黙

こんばんは

 

colorfulに生きるんだとつぶやきながら、葬儀司会、講師、共同養育大臣として、全国として駆け回る

 
つたえびと みっこ、こと ふたおかみきこ です。

 
伝えたいことは「自分がどうあるか」

 

むすめっこ、思い悩む

昨晩、我が屋の娘っこ(小三)が寝る前に大号泣。

 

ワケを問うと、

 
友達が隣のクラスの子をいじめている。

 

 

それを自分は怖くて「やめてあげて」と止めることができなかったということ。

 

 

心を痛めて泣いていた。

 

 

半年前も同じ子がきつく言っていたと悩んでいた。

 

 

私は、どうしてあげたい?

 

 

と聞く。

 

 

「助けてあげたい」
とつぶやいたあと、
「明日、ちゃんとつたえてみる」

 

と。

 

母としては、「いつでも力になるからできることがあったら言ってね」とアタマを撫でながら、眠りについた。

 

 

善人の沈黙を許さない


本日、八尾にてトレーナー講座。

ママハタのリーダーになる人たちの講座。
その中でもお伝えすること。

 

黒人解放運動をされたキング牧師の言葉

 

 

「憂慮すべきは悪人の暴力ではなく、善人の沈黙である」


暴力をふるいことは間違えなく悪いことでも、もっと罪なのは悪いのに黙っていることである。

 

小学校の赤ちゃん先生クラスでは、この善人の沈黙を作らない空気作りをしていきたいと願っている。

 

そう。

 

娘は善人の沈黙であったことに心を痛めていたのである。

 

川西市で赤ちゃん先生クラスが広がる中、娘の小学校では開催されていない。

 

 

でも、どっぷり赤ちゃん先生の中で育ってきているのでそれはそれでよしかと思ったんだけど、

 

やっぱり、娘の通う小学校で、来年、息子の通う小学校でも赤ちゃん先生クラスを受けてほしい。

 

娘や息子だけがその環境にあるのではなく、

そこをとりまくみんなに善人の沈黙を許さない空気を作って欲しいと願う。

 

 

そして、今日。

 

学校から帰ってきた娘が

 

「ママ、ちゃんと言えたよ。いじめないで!って」




母は貴女の強さと優しさを尊敬する。

その空気が広く広く伝わっていくように。

私は私のできることをやっていきたい。

 

 

生かされているいのちに感謝

「生きてるだけでまるもうけ」
ciao〜

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。