ケツのダンだ。

「働き方生き方を自分で決める!そんなきっかけを伝えてまわりたい!」

 

子育てをしながら、司会、講師として、全国を駆け回り、色んな人と会い、大好きなお酒と美味しものを楽しむつたえびと みっこ こと 二岡美樹子(ふたおかみきこ)です。
人は、私のことをサイボーグ タフ岡と呼ぶ

 

決めることは自分を生きること

 

小さなころから「決める」ことの体験って凄く大事だと思う。

 

我が家では、だいたい自分のことは自分で決める。
お泊まりだったら、自分で荷物の準備。

 
たとえ、それで足りないものが出てきても、自分で決めたので、”ない”をそこからどうするかを考えるチカラがでる。

 

上の服のみ5着、下の服なし。

とかざらにある。
失敗しても、「ママのせいや〜( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀  )」とは言わせません。

 
それに

失敗なんかじゃない、体験を重ねただけ

なんだから。

 

 

私は、子どもに失敗させないようにしたいわけでなく、失敗した時に体験に変えていくチカラを身につけて欲しいと願うから。

 

そのやり方があってるかなんてわからない。

子育てなんて、正解なんかないから、親が愛をもってどうしていくか考えたらいい。
と思ってる。

 
なので、我が家はこんな感じ。

 
とはいえ、常に子育ての事とか考えてる訳じゃないよ。

 
単純に自分が楽だからね。
いつまでたっても、どうする?どうする?と指示待ちでしか動けないと困る。
単純に私が困る。
あとは、自分で決めていないと、人のせいにしてしまうことがちょこちょこある。

そんなんも困る。

自分の人生なんだから、自分で責任もって、自分で決めたらいい。
そしたら、人のせいになんかしないから。
国が

社会が

政治が

学校が

会社が

地域が

パートナーが

子どもが

親が

友人が

なんて言わずに自分で決める人になって欲しい。

自分で立てた目標も自分で崩す

ついつい、自分で決めた目標にとらわれてしまうことがある。

 
目標の内容よりも、目標がゴールになってしまっている。

 
本末転倒だ。
自分で決めた目標なんだから、自分で変えたっていいじゃない。

 
変えたということも自分で決めたらいいんだよ〜。

 
いいじゃん。

決めたけど、違ったわー

かーえた!
で全然OK。

 

 

もう苦行を積んで物事を達成せねばならないの時代ではない気がする。

 

アナタの生きられる時間ってあとどれくらい?


苦行してる間に死んじゃうかもよ。

苦行中に死んじゃうかもよ。

 
人生の大半が苦行じゃもったいない。

 
楽しいことをやってこーぜ。

好きなことをやってこーぜ。

得意なことわ、やってこーぜ。

 
人のせいにしてるよりもよっぽどHappyだと思う。
他人やモノゴトは、あくまでもきっかけに過ぎない。

結局は自分で決めてきてるはずなんだよ。

 

決めるの体験は人を育てる

 

私のやっている赤ちゃん先生(ママハタ)では、それぞれにポジションがあり、リーダーがいる。

 
リーダーの仕事はなにか?

 
決断

決める

 

こと

以上!

 

この決めることが人を成長させるんだよ。

人の人生は決断の連続。

 
この経験をたくさん積むことって本当に大事だなって思う。

そんなことを


友人たちとランチしながら話したよね。

私たちの決断は、痩せる!だったけどね(笑)



こんなランチ食べて痩せるのかー(笑)
とにかく!


死ぬ時は決められないんだ。

死んだ後は決められないんだ。
棺桶の中であーこうすれば良かったなんて思わんように。

 

ケツのダンだ!




みなさんの人生がサイコーになりますように。

good Time!

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。