NO!農地!〜干し芋への道〜

スポンサーリンク
干し芋プロジェクト

yesか、ハイか、よろこんで!

葬儀司会をしながら、キャンピングカーでソラカフェなないろじかんを運営し

まんなかすみっこ子ども塾を主催する 干し芋マイスター みっこです。

第六次産業に向けて

干し芋の原材料 サツマイモを作る畑が決定し、よし!

草刈りだ!と意気揚々!

まずは市役所に第六次産業について相談にいく。

6次産業とは・・・

生産者(1次産業者)が加工(2次産業)と流通・販売(3次産業)も行い、経営の多角化を図ること

ジブン農業H.Pより

いろいろ、助成もあるのは、急いで相談へ

立ちはだかる法律の壁

市の担当の課の課長さんがじきじきにご相談にのってくださる。

以前、別の部署でお世話になったかた、ここでもご縁が繋がって嬉しい。

お話をすすめていると・・・

詳しいおじさまがでてきておっしゃることは

「農地の貸し借りには許可がいるんですよ〜」

とな!

なんと、そうだったんだ〜〜〜。

「いいよ、貸してあげるよ〜、ありがとう」

では、すまない世界という。

農地法3条というのがあるらしく

農地法3条とは

「農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、貸借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、もしくは移転する場合は政令で定めるところにより、当事者が農業委員会の許可を受けなければならない」

すなわち、農地について全部または一部の権利を変動させるときには、農業委員会の許可が必要になるということです。

農地遊休地活用より抜粋

ぬぬぬぬぬ・・・である。

川西市民ファーマー制度

しかし、それじゃ、農業の担い手がいなくなるじゃないかということで、

「農業経営基盤強化促進法」に基づく「利用権の設定」によっても行うことができることになり、川西市は、川西市民ファーマー制度を導入し、新規就農促進のための農地の賃借の要件緩和を行っているそうです。

しかしです・・・・

借りての要件が

市内の農地に継続して通い、年間60日間以上耕作に従事できる人(原則、市内在住、在勤者)で、以下の条件のいずれかを満たすことが必要

  • 市民貸農園で2年以上の栽培経験があり、かつ、それを証明できる人。
  • 県立農業大学校を卒業、または、同校の研修コースを終了した人。
  • 兵庫楽農生活センターの新規就農コース、または、同センターの生きがい農業コースを終了した人。
  • JA兵庫六甲の新規就農者塾を修了した人。
  • 農業生産法人等において概ね6カ月以上農作業に従事した人。
  • その他、市長が特に認めた人。

というわけです。

すぐにいまから始めたくてもできないんです・・・

農業の担い手がいないという課題を解決するのに、制度の壁が立ちはだかるわけですよ・・・。

素人がはじめて、簡単にや〜めた!じゃ困るのもわかります。

せめて、要件のなかに「農業経験者の指導があること」とか入れておいてくれたら・・・

BLACK<br>みっこ
BLACK
みっこ

農業の担い手がいないと嘆いていても、これじゃますますなり手がなくなりますね

なんて、ブラックな私が出てきそうでした。いや、言っちゃたかもですww

しいたけ占い蠍座より

しいたけさんも今週の「ぽろり」発言に注意ゆうてるのに・・・

だったどうする発動

んぐぐぐぐぐと市役所を後にして、ん〜どうするか策を練ってみる。

あ〜、だめだ、むり〜となるのか

だったらどうするを発動するのか!

やっぱりだったらどうするでしょ!

諦めるのはそのあとでもいいわけだから。

農地についてはそんなこといわなきゃわかんないってところもあるかもしれない

でも、お借りするところにご迷惑はかけたくない。

そして、これからちゃんとやっていくことを考えたら、良い加減にもしたくない。

というわけで、今年は農家さんのお手伝いをして学ばせていただく1年にしよう。

へこたれそうになったけど、いや簡単にはへこたれんな・・・

やさぐれそうになったけど、なんでも経験だし、こうしていろいろ学ばせていただけることに

感謝だし、すべてが干し芋のストーリーになる。

さてさて、そうはいえ、サツマイモの植え付けも6月までにはやっていかないといけないわけです。

まずは、うっそうとした草刈りがから、友人たちの力をかりて、ざくざくやってくぞ〜。

どうしても、草刈りが好きだ!という方はぜひぜひご参加ください。

29日金曜日。

そんなやつおるんか〜〜〜〜笑

干し芋のまでの道のりは長い。

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会21年 司会育成のかたわら、 バス型キャンピングカーで動く店、ソラカフェなないろじかん運営。 地産地消の野菜、調味料にこだわったカラダとココロに優しい食を届けている 現在は、市場に出回らない農作物を利用し、カラダに優しい乾燥おやさいを作成中。
タイトルとURLをコピーしました