違和感を感じたらその時に言おう

スポンサーリンク
みっこのつぶやき

yesか、ハイか、喜んで!

おはようございます。みっこです〜

サイボーグタフ岡をぬきました←シランガナw

葬儀司会をしながら、まんなかすみっこ子ども塾を主催し、キャンピングカーでソラカフェなないろじかんを運営しています。

ブログを書き出したら連日かくという「ゼロか100のオンナ」です。

いや〜、イロイロ世間がざわついているのですが、こうなると意外と生き方がシンプルになるという不思議な現象です。

私の得意なこと

得意なことはなんですか?と聞かれたら、すごく困ってた私なんです。

得意なこと???

そんなもんないな・・・と。

でも、最近ちょっと思うんです。

「違和感に気づくこと」かなと

葬儀の司会をしています。

お客様とは、お通夜と告別式2日間のお付き合いです。

その短い時間でコミュニケーションを図り、ご喪家さまのご意向にそったお別れ、お式を創り上げるお手伝いをしていきます。

ほんの少しの時間。言葉のコミュニケーションだけではない部分からも感じ取っていく必要があります。

「それで大丈夫です」って言葉で言ったとしても、実は表情はそう思っていない。なにか違う思うところがある。

いつもあるべきところにあるべきものがない。

なにか大事なことを忘れている。

そんな違和感を肌で感じることができます

←霊感はありません。取り憑いてもないと思います。タブン(笑)

それは、葬儀司会だけでなく、講師をしていても、接客をしていても感じます。

空気の流れが変わる瞬間とか・・・

身体が反応する

思い返してみれば、自分が違和感を感じているときスムーズに動けないってことが結構あったってこと。

 

良いとおもって始めたことでも、ずっと違和感を拭い去れない時

「yesか、ハイか、喜んで」は発動しない。

結構、はっきり言っちゃいます「それおかしくないっすか〜」とか

それで、近所のゴミ問題でおっちゃんに意見しちゃったことも

(←近所では静かに生きていこうと決めてるのにねw)

言わない時は、ただだまって静かに去る。

どうしても、身体が反応してしまうんだよね・・・

社交辞令的お付き合いができない。

大人として困ったもんだけど、仕方ないww

たくさんの違和感にであう

今回のコロナ騒動でもたくさんの違和感に出会ってます。

思ったこと発信もどうなのかとおもいつつ、つつつつつつw

「言わなきゃいられない性格」と「人として」がせめぎ合いww

ま、ここならいいかと叫んでみるw

コロナ被害拡大を防ぐために、学校休校

行き場のない子どもたちのために民間が居場所を作る

子どもあつまる〜〜〜

あれ〜〜〜?

被害拡大〜〜〜

って民間の居場所作りに問題を投げかけてるわけじゃないのよ

逆にこんな動きがあることってすごく幸せだなって思う。

そこより、

ん?だったら学校いっても良いのではって思うんですよね。

学校は先生っていうリーダーのもと1年間関係性を築いてきたわけだから、そこでしっかりいますべきことを伝えてもらった方が。。。と

とはいえ、そうはいかない国の方針とかもあるから

そこを責めてるわけじゃないのよ〜〜

要は!

忘れちゃいけないんだ!

大事なことは

手洗いうがい咳エチケット!

コロナだろうが、ピロリだろうが、大事なのはそこだよ〜

安倍さんがどうとか、休校がどうとか、マスクしてるからとかそういうことじゃなくて、だんだん論点がずれてきてるんだ。

そして、こんな時だけ違和感に声をあげるんじゃなくて、常にあれ?おかしいぞって思った時にいわなくちゃねって思う。

「ない」から大事にすること

さてさてトイレットペーパー問題

我が町でもなくなっている

なげかわし〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

「自分だけよかったらいいんだ」といってる感じがして悲しいぞ。

我が家はあと4巻。

来週から休校でトイレ使用率があがる。

いかに短い長さでこと足りるかの挑戦ですw

ないから奪いあうのではなく

ないから「だったらどうする?」です。

ある が当たり前に思うなよ!

と投げかけられている気がします。

我が家のウォシュレットこわれてるんだよね・・・

治しとけばよかった〜〜〜と悔やむわ〜

違和感を感じたらその時に言わなくちゃね

って結論そこ〜〜〜〜?ww

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会21年 司会育成のかたわら、 バス型キャンピングカーで動く店、ソラカフェなないろじかん運営。 地産地消の野菜、調味料にこだわったカラダとココロに優しい食を届けている 現在は、市場に出回らない農作物を利用し、カラダに優しい乾燥おやさいを作成中。
タイトルとURLをコピーしました