私が葬儀司会をするワケ

スポンサーリンク
お知らせ

こんにちは

 

 

colorfulに生きるんだとつぶやきながら、葬儀司会、講師、共同養育大臣として、全国として駆け回る

 
共同養育コーディネーター つたえびと みっこ、こと ふたおかみきこ です。

 

伝えたいことは「自分がどうあるか」

なぜ葬儀司会なんですか

 


よく、そう問われることがある。

 
初めから葬儀司会じゃなかった。

 

 

サカノボレバ、結婚式の音響・照明をしていて、司会に憧れ、そこから勉強して目指すことになったんだけど…

 

 

結婚式

イベント

キャラショー

うぐいす

ラジオ

 

 

とか経て、私のいきつく先は、ここだな。

と現在に至る。

 

 

 

「死ぬ」という場面の葬儀司会とは対象的に「生きる」という場面の赤ちゃん先生。

 

 

どちらも私にとって”たちかえる“のに必要なもの。

 

 

葬儀司会では。

手を合わせる

 

 

こころ、穏やかに。
故人にたいして「ありがとう」
感謝の気持ち。

 

 

全てが生きていく上で実は大切なこと。

 

 

日常でどんなことがあっても、

 

仕事の時は、

 

 

手を合わせ

心穏やかに

感謝のきもちで

 
「ありがとう」

 

 

 

楽しいこと

嬉しいこと

悲しいこと

腹立たしいこと

 
いろんなことがあっても

 

 

必ずここに戻らせて頂ける。

 

 

 

本当に有難い現場なのである。

 

 

だから、一ヶ月に1回でも

(もっと働け)笑

 

 

必ず、たちかえる場所。

 

 

今日もまた、

 

 

こころ穏やかに

感謝のきもちで
「ありがとう」

 

 

生かされているいのちに感謝

「生きてるだけでまるもうけ」

ciao〜

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会21年 司会育成のかたわら、 バス型キャンピングカーで動く店、ソラカフェなないろじかん運営。 地産地消の野菜、調味料にこだわったカラダとココロに優しい食を届けている 現在は、市場に出回らない農作物を利用し、カラダに優しい乾燥おやさいを作成中。
タイトルとURLをコピーしました