実験中〜干し芋への道〜

スポンサーリンク
干し芋プロジェクト

あけましておめでとうございます。

あっとゆうまに、2021年も2週間ですね・・・びっくり

こんにちは、“関わる人すべてが豊かな人生に”をめざして

なないろじかん 代表 みっこです。

そういや、干し芋はどうなってるんだい?と質問されます。

はい、動いてます。

いや、つまずいています・・・が正しいのか?

 

現在、行っていることは“実験”です。

要は、芋を何度で何時間 干すのがベストなのか・・・
そこをさぐっているわけです。

 

前回は45度で10時間・・・
まだまだ、ねっとりが残るくらいでした

 

今回は45度で15時間

 

からからの干し芋になりました。

一般的に売られているものにちかいかな・・・

そのままでもたべられるけど、トースターで温めたら

いい感じの柔らかさになりました。

しか〜〜〜し。

私が作りたいものとはちょっと違うのです。
うぬ。

なかなか難しい。

素人が手をだすからこんなことになるんだけど

好きなことは続けられるもんですね〜。

まいにち、さつまいもと会話しながら、せっせと干しています。

気長にお待ちください。

(って、だれもまってないか 笑)

The following two tabs change content below.

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会21年 司会育成のかたわら、 バス型キャンピングカーで動く店、ソラカフェなないろじかん運営。 地産地消の野菜、調味料にこだわったカラダとココロに優しい食を届けている 現在は、市場に出回らない農作物を利用し、カラダに優しい乾燥おやさいを作成中。
タイトルとURLをコピーしました