ふるさと 川西へ

スポンサーリンク
地域活動

yesか、ハイか、よろこんで!

こんにちは。

涙腺ゆるゆる みっこです。

子どもが人生の節目を迎えました。

そんな時、我が町について考えました。

無意味な転々族

私は幼少期、小学校3校、中学校2校通っています。

転勤族??いえいえ、自営業だけど、引越し好きな親のもと、無意味に転々としておりました。

子どもなのでそれはそれでなんとなく、順応していたし、当時は楽しくやっていました。

ただ、ふるさとっていいなって思ったのは、成人式。

20歳に住んでいたところには、同級生がいるわけでもなく、親元をはなれていたので

成人式にさえ参加しませんでした。

今になって思えば、ずっと同じ土地で育って、大人になるって素敵なことだなって思います。

川西の地域活動をしていても、地元の人たちのつながりって

喧嘩しつつもなんだか深いものを感じます。

自分が結婚して、子どもをうむ時には「ふるさと」と作ってあげたい。

と思うようになりました。

子どもたちはどうでもいいかもしれないけど。

Viva!無縁社会!

結婚して2年目に兵庫県川西市に引っ越してきました。

独身時代から、仕事が川西だったこともあり、迷いなくここに決めました。

でも、独身時代〜第一子妊娠出産〜第二子妊娠出産・・・

ここまでは、「Viva!無縁社会!」

人と人となんてつながらない方が平和なんだ〜〜 イエーイ!

っておもって生きてきました。

でも、第二子が生まれ育てていくうちに、私だけ無縁社会でも

我が子たちは困るんだと思い始めたわけです

そのころから、ビションに 「日本の無縁社会を解消する」を掲げる

NPO法人ママの働き方応援隊“赤ちゃん先生プロジェクト”に携わるようになり

地域のお祭りにかかわりだしたんです。

その時に気づいたことは

「人と人がつながることって大変なことだけじゃない、イイこともいっぱいあるし

いいこといっぱい作っていけばいいんだ」って。

そして、いつも思うことは、川西の市職員さんが本当に良い方々で

めっちゃ頑張ってくださっていること商業をささえている地元にみなさんが

めっちゃ頑張ってくださっていることに気づかされました。

市長が市が議員さんが・・・なんて人にせいにせずにどんな立場の人も

できるコトをできるトキにできるヒトが、できればたのしみながら

 無縁社会大好きな私の脱却でした。

川西市というところ

今回、コロナ騒動でより川西が好きになりました。

川西ではじめて感染者がでたとき、

うちの市では、市民に情報を届けたいという思いで、隠さずにしっかりと伝えてくださいました。

そして、ご自身のFBの最後に以下のようなコメントを残してくださいました。

 

最後にお願い。

感染者が確認されると「犯人捜し」のようなことが起こります。「犯人捜し」が起こると、行政としても情報発信が難しくなり、結果的に正確な情報に基づいた感染症対策を遅らせることになります。

仮に近くの方が発症したとしても、その方は「犯人」ではなく「患者」です。体調の悪い方を責めるような風潮も変えていきたいと考えています。ご協力お願いします。

川西市長Facebookより引用

本当にそうです。

犯人じゃない患者さんだ

とにかくみんなに生きてて欲しいと思いました。

そして、小学校の卒業式です。

市内で感染者が確認された時点で、卒業式は半分ほど諦めていました。

でも、教育委員会も「児童に対する教育的意義が大きく家族と共にその喜びを分かち合う意義も大きい」と各家族大人2名までの参加を決めてくださいました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

だからこそ、参加する親たちもできること、配慮など頑張れるわけです。

休校が長引いてきたら

給食調理職員の方々が発案し、ランチ提供

これは、のちに学童でない人にも提供が広げてくださいました。

 

そして、血液が足りないとなると

 

即座に献血カー出動です!1日で105名の方が駆けつけたそうです。

他に色々な取り組みを、スピード遅れるコトなくうごいてくださっている。

市職員様方に本当に本当に感謝です。

そんな、ふるさとで人生の節目を迎えさせていただきました

そんな大好きな川西で長女の人生の節目を迎えさせていただきました。

住む人が大好きだと自慢できる町を目指して。

これからも、市民、力を合わせてやっていきたいですね。

そして、私のふるさとにもなりますように。

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会21年 司会育成のかたわら、 バス型キャンピングカーで動く店、ソラカフェなないろじかん運営。 地産地消の野菜、調味料にこだわったカラダとココロに優しい食を届けている 現在は、市場に出回らない農作物を利用し、カラダに優しい乾燥おやさいを作成中。
タイトルとURLをコピーしました