あるく無縁社会

スポンサーリンク
お知らせ

こんばんは

 

チャラく生きるんだとつぶやきながら

葬儀司会、講師として全国を駆け回る

つたえびと みっこ、こと ふたおかみきこです。

 

つたえたいのは「自分はどうあるか」


あるく無縁社会な私


兵庫県川西市に越してきたのは、結婚して1年たったころ。

 

その当時だったか、ニュースで報道されていた「引越しおばさん」って覚えてます?

 

近隣とのトラブルで、布団たたきでリズムとって

 

♪〜引越し!、引越し!〜♪

 

と威嚇して捕まった事件。

 

その時に、

 

「あー、近隣とちょっとしたトラブルからこんなことに発展するんだ……」
と感じたわけです。

 

で、

 

「静かに暮らしていこう」

と決めたわけなんですね!

 

 

【子どもが町で存在していない】



そんな時、第1子を妊娠。

 

臨月まで働いて、生後2ヵ月で、仕事復帰。

 

妊娠前の体重と臨月の体重が同じという、つわりで激ヤセしたもんだから、妊娠したのかもわからない私。

 

2年後、第2子を妊娠したとき、産休にはいって、上の子を連れていたら

 

ご近所さんから
「えー、ふたおかさん、おこさんいらっしゃったんですね」

 

と。

 

((((;゚Д゚)))))))

 

む、娘がこの町に存在していない(´・ ・`)




と気づき、大反省。

 

 

【NPO法人ママの働き方応援隊に出会う】



下の息子が2歳になるころに、赤ちゃん先生プロジェクトを運営するNPO法人ママの働き方応援隊に出会いました。

 

 

ビジョン 日本の無縁社会を解消する

 


(゚ロ゚;ノ)ノ

無縁社会。

 

私のことですね、そうですね……。
と、心の奥で繋がったんです。

 

 

【無縁社会ではやっていけないつたえびと】



そんな私が、現在、つたえびととして全国をまわらせていただいている。

 

通常、勤務でないパートナーをもつ私は、全国をまわろうと思ったら、人を頼っていかないと明らかに無理な話なのです。

 

私はよく講座でいいますが、
「こうして、つたえびとをさせていただいているのは、”あなたはもっと人を頼りなさい、人と繋がりなさい”といい意味で強制的な状況に身を置かせていただいているんだ」

 

ということ。

 

 

【突然の出張】

 

 

遠くに出張のときは、前泊しないと間に合わないので、2泊3日や、4泊5日などがある。

 

子どもをいろんなところにたくして出張にでるわけです。

 

実はこの調整が1番大変だったりします。

 

子どもたちは、お泊まりが楽しいようで、ママ、出張ないのー?と聞くほど。

 

この間、宇都宮に行った出張から、2月は遠出がなかったので、ゆっくりだよーの返答にガッカリしていたところ

 

同じつたえびと仲間のお子さんがインフルエンザに。

 

ママハタでは、感染症には、特に特に、慎重になっているので、学校法で定められている通学停止より2日ほど長くなっている。

 

2月2日3日に大分である講座にいけなくなったとのこと。

 

その連絡を受けたのが、別で講座を受け持っていた時のこと。
なかなか、手配できずにいたけど、

講座終わりで、いろんなところに手配したら、
快く「いーよー」と言ってくれるパートナーに友人。

 

ありがたい。

 

こうして、私は無縁社会から救われたのだと思う。

 

だったらつぎにやることは。

 

1人でも多く、人がつながりあって幸せになる社会をつくるべく、私にできることをやっていきたい。

ただ、本職の方に連絡したら、

なかなか渋い顔をしていたけど
(実際には顔を見てないので、そんな感じということで)笑

 

しゃーない。

 

 

長々、書いて、写真がなかったので、

今朝の詐欺写真(笑)

だれやねーん。

 

自分をいつわっちゃいけないね。

 

でも、肌だけ綺麗になるアプリなんだけどなーー。

 

 

生かされているいのちに感謝

「生きてるだけでまるもうけ」

ciao〜

The following two tabs change content below.

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会21年 司会育成のかたわら、 バス型キャンピングカーで動く店、ソラカフェなないろじかん運営。 地産地消の野菜、調味料にこだわったカラダとココロに優しい食を届けている 現在は、市場に出回らない農作物を利用し、カラダに優しい乾燥おやさいを作成中。
タイトルとURLをコピーしました