続けるにこだわるワケ

 

こんばんは

葬儀司会、講師として全国を駆け回る

「自分がどうあるか」つたえびと みっこです。

 

続ける

 

ということ。

いま、続けるということに執着している自分がいます。

 

このブログとかもそうかもしれません。

 

「書くことがなければ、かかなくてもいい」

そうなのかもしれない。

でも、続けるということを続けたいんです。

 

なぜなら、高校時代の話。

 

 

私は高校時代、水球をしていました。

img_8738

体育コースの高校に進学し、

クラブを頑張ることが条件のコース。

 

あけてもくれても、夏でも冬でも、水球の練習。

 

いつも2mのプールで立ち泳ぎをしていました。

巻足と言われるもの。

 

あるとき、

歩くのでさえも、困難になるほど、足が腫れた。

 

病院に行くと、病名忘れちゃったけど、

生まれつき、半月板がズレているという身体だと知る。

 

これ以上、水球を続けていくことは、

足を痛めていくものと言われ、やむなく選手を諦めて、トレーナーになったのだ。

 

それは自分の中で、

「逃げてしまったのだ」

といつまでも背負う出来事の一つ。

 

そこからか、続けるということは、

昔の自分と戦っているのもしれない。

 

それでも、続けることを大切にしていきたい。

そんなことをゆっくり考えた今日。

 

過去の自分に苦しめられるのはではなく、

糧に生きていきたい。

 

生かされているいのちに感謝「生きてるだけでまるもうけ」

 

ciao

 

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。