環境に順応していく

おはようございます

 

colorfulに生きるんだとつぶやきながら、葬儀司会、講師、共同養育大臣として、全国として駆け回る
共同養育コーディネーター つたえびと みっこ、こと ふたおかみきこ です。

 

伝えたいことは「自分がどうあるか」

ママハタ淡路島camp

ママの働き方応援隊に「淡路島校」というteamが立ち上がり、その記念?お祝い?にみんなでcampに行ってきました〜♪

 
淡路島校を立ち上げたのはこちらの森ご夫婦


淡路島で子どももお年寄りも障害をもつ方も豊かに暮らせる社会を作っていきたいとはなしてくれました。

 

 

そして、この会に、兵庫の各地、遠くは但馬の方からも、そして、札幌からトレーナー講座を受けに来て、最終日、当日の朝に「淡路島いく」と決めた人まで(笑)

 
ママハタに来たらなにがおきてもおかしくない。

メンバーになってまもないママたちもこんなワチャワチャ共同養育的な暮らしに知らずと順応していく。

 
自分の子は自分でみる。気をつかいあって手伝う…とかではなく
近くにいる困ってる人を助けながらそれぞれに、自分にできることを自然と行ってその場はまわっていく。

 
だれから教えられる訳でもなく

 

 

体にしみついてる。
(´ー`*)ウンウン

 

 

みんな凄いぜ。

深夜をまわっても熱さは変わらず夜会は続き

最後は早朝5時30分team。
ここまでくると、深く熱い話に…?そうなのか?(笑)

 

 

睡眠2時間とかでも動けちゃう。


途中、帰ったメンバーもいるけど、淡路島にたくさんのメンバーが集まりました。

 

これから、淡路島ではどんどんメンバーを増やしていき、赤ちゃん先生プロジェクトを広げていきます。

 

活動に興味のあるからは、説明会にご参加ください。

NPO法人ママの働き方応援隊

campが終わってからも公園へ遊びにいき、

お寿司を食べて

 
なぜか


メンバーの家で晩御飯。
ここにはそれぞれのパパたちも参加してくれました。

 
3人中2人がこういう場が苦手という状況だけど、さすがパパたち環境に順応してくれてパパたちを中心に話が盛り上がりました。

 

 

睡眠時間が少なくとも、楽しい時間は疲れを忘れさせてくれました( ・∇・)アハ

 

 

ママハタには、良い意味で強制的に環境に準ずる場を体感させてくれるそんな機会がたくさんある。
そのことで、どんどん人が成長していく。

 
そんな、この活動が大好き♡

 

 

さてさて。
私も我が町で、一緒に切磋琢磨できるメンバーを集めていくぞー

 

 

と心に誓ったcampでした

 

 

生かされているいのちに感謝

「生きてるだけでまるもうけ」
ciao〜

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。