外からみる大事さ

「自分の時間を好きなことでうめていきたい!働くも生きるも♪」

子育てをしながら、司会、講師として、全国を駆け回り、色んな人と会い、大好きなお酒と美味しものを楽しむつたえびと みっこ こと 二岡美樹子(ふたおかみきこ)です。

人は、私のことをサイボーグタフ岡と呼ぶ

プペル三昧な3月

ブログもSNSも滞っていました。

滞るほど忙しく暮らしちゃいけないなと反省。

といいつつ、また次の事にとりかかりそうなので忘れぬうちに綴っていきたいなと思います。

関わるには意味がある

 

このプペル展は、2年前のクラウドファンディングから始まる。

えんとつ町のプペルという絵本をお笑い芸人キングコングの西野亮廣さんがお書きになられて、その個展をできる権利を購入するべく、さらにクラウドファンディングを行ったというもの。

私は、えんとつ町のプペルの絵本も読んだことなかったし、西野亮廣さんのファンでもない。

 

ただ、悲しかったのと元気にしたかっただけ。

なにが悲しかったのか。

私が住む町、兵庫県川西市はその西野亮廣さんの故郷。

西野さんが川西市のあり方は残念な町だと投稿していたこと。

 

川西市がどうとか西野さんがどうとかでなく、川西市が残念なことになっているということがただただ悲しかった。

 

 

でも、川西市は人のポテンシャルが高いから大丈夫。

そう思って普段からみんな頑張ってるからね。

で、より元気にしたかった。

そんな想いで関わり出した1年ちょい。

 

運営メンバーは40人ほど。

それまで関係性を築いていない40人が集まって進めるので

大変なこともたくさんあったね。

 

でも、なにより無事に開催できて、今日で6日目。

昨日の時点で5382人にご来場頂きました。

目指すは10000人。

外から内を見る

 

色んな団体に関わる様になって、外から内を見ることができるのがとてもいい刺激になる。

どこの団体がどうではなく、より自分の団体が見えてくる。

外から見たママの働き方応援隊携わりはじめて6年。

今、はっきり思えるのは、団体でたくさんの経験をさせて頂いていると。

イベントを企画運営はもちろんのことだけど、会議ひとつとっても、国連で用いている会議法で効率よく効果的に会議を行う。

 

その後の振り返りから、改善しての運営まで無駄なく進めていく。

誰かをせめることはせずに建設的に。

 

それは、きっと理念の部分がしっかりしてるからだよね。

モットー、ビジョン、ミッション、クレド。

必ず戻るべき軸がある。

私が出会うママたちに、ママハタ内の資格を進めるのは、この部分だなと思う。

自分でなにかをやっていこうと思った時に色んな経験をしているかで自分の持てる力の伸ばし方が変わってくる。

 

そんな色んな経験をある程度守られた中ですることができる。

これは何にも変え難いものなんだと。

そんなことを外からみて気づいた。

 

全てにおいて、ママハタ内の資格があてはまるとは思わない。

合わない人もいるし違う方法の人もいる。

でも、間違いなく力になる人には伝えていきたいな。

町を元気にしている最強

 

そして、やっぱりすごいなって思うのは、街はカーニバル!!プロジェクト(略して、街プロ)たくさんのメンバーが関わっていても揺らがないしっかりとしたものがある。

ここで経験させていただいていることもまた、私にとっては財産だし、このメンバーの顔を見るとホッとする自分がいるのは、少しは川西市民になれてきているということかな。

今年もまた、動き出す。

終わるたびに悲しくなり、始まるたびに嬉しくなる。
そんな素敵な活動。

新たに出会えたご縁

 

そして、今回繋がったご縁関係性も深くなって成し遂げた仲間たち。えんとつ町のプペルin兵庫川西は3月31日まで多田神社で開催しています。

私のプペルは3月26日10時〜16時までいてます。ぜひ、多くの方に見ていただきたい!入場無料です。

みなさんの人生がサイコーになりますように。

good Time!

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。
二岡 美樹子

最新記事 by 二岡 美樹子 (全て見る)