さまざまな想いが錯綜する日

おはようございます

 

colorfulに生きるんだとつぶやきながら、葬儀司会、講師、共同養育大臣として、全国として駆け回る
つたえびと みっこ、こと ふたおかみきこ です。

 

伝えたいことは「自分がどうあるか」

 

終わり!

 

息子が幼稚園を卒園しました。


終わってみれば、あっという間の3年間でした。
ダメなこ、ダメなこと言われ続けた年少から始まり、そのバトンは、年中、年長まで引き継がれ。

 

 

すっかり幼稚園ではダメな子、悪い子というレッテルを。

 

 

それでも本人は幼稚園が楽しく毎日、休むことなく通っていました。

 

 

おとなしかった娘とは正反対でたくさんの問題をつきつけられて、お友達のお家にお詫びにいったことも。

 

 

息子にとって、この幼稚園が本当に幸せなのか悩み、退園を考えたこともしばしば。

 

早くトキが過ぎないかとまで思っていた…。

 

 

いま、卒園を迎えて、色々な想いが錯綜する。

 

 

それでも、

生理的欲求と安全の欲求、親和(どこかに所属する)の欲求を満たして頂いたことへの感謝でいっぱいである。

 

最後にクラスみんなで贈ったハガキに息子は「こわいから」と一言。

 
ま、素直な一言だったのかもしれない。

 

 

繋がれない私もよく頑張った幼稚園ママを卒業。

 
娘のときには、ほとんどいなかったママ友も

 

 

息子のときには、たくさん出来ました。
そして、系列の保育園で0歳から一緒だったお友達。

 
ほぼ男子なのでみんなで写真と言っても全く集まれない(笑)

 

 

1人だけいる女の子が困り顔。

 

 

小学生からみんなバラバラになるけど、

こうして共に過ごした日々は宝物。


これからは、母から離れて自分の社会を築いていく。

 

 

母がしてやれることはどんどん少なくなっていくんだろうけど、いつも見守っているよ。

 

 

彼が3年間頑張ってきたキラキラシール(皆勤賞)は、昨年12月の結膜炎で5日登園停止になって叶わなかったけど

 

 

でも、3年間のうち、「いっちゃいけないよ」と言われた5日間以外は毎日通ったんだ。

 

 

そのことは、本当に凄いことだよ。

 

 

幼稚園、お疲れ様でした。

 

 

卒園記念パーティはやっぱりここ


大好きな焼肉。


お金がかからずに食べ放題を食べられる最後の月(笑)
来月からエンゲル係数が…

 


ま、この笑顔があるからいいか。

 


家族みんな、健康であること

それだけで幸せなのだ。

そうなのだ。

 

 

生かされているいのちに感謝

「生きてるだけでまるもうけ」

ciao〜

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。