いまいちど、見つめ直す

こんばんは

葬儀司会、講師として全国を駆け回る

「自分がどうあるか」つたえびとみっこ、こと

ふたおかみきこです。

 

土曜日の出来事。

夕方に幼稚園から電話。

 

 

 

だいたい、幼稚園からの電話はいいことがない……

 

体調不良か?

 

電話にでると

 

「遊んでいてケガをしました」

 

とにかく急いでお迎えにいく……。

 

 

下駄箱のスノコの上で寝転がる息子……

 

 

血の気がひく。

 

血まみれの息子を抱き上げる。

 

私を認識して、大号泣する息子。

 

どうやら、遊んでいる最中にコケて、

コンクリートのカドに前歯、上の歯茎を強打した模様。

 

口の中が血まみれ。

 

土曜日に空いている病院……。

 

探しに探して、つれていく。

息子は、「病院いやだーーーー( ˘ •̣̣̣ ~ •̣̣̣ ˘ )」

 

img_8859

待つ間、息子が持ってくる絵本をひたすら読み続けた

 

何冊も何冊も……

 

ようやく診療に呼ばれる。

 

正月の虫歯の診療から、

診察拒否Σ(゚д゚;)

 

いやいやいやいや、診療してよ……

 

なんとかなんとか診てもらうことができ、

 

「お母さん、乳歯で良かったねー。で、歯にも、歯茎にも問題ないからね」

 

安心した・゜(´^`)゜・

 

ただ、歯茎が断裂してるからかなり痛いと思います。

「縫って治すこともできるけど、あとが残るので自然治癒で治しましょう」

 

といってもらえました。

 

とりあえず、おおごとにはならずに安心。

 

土曜日はパートナーが休みだったので、

商工会のセミナーに参加予定だったんだけど、

息子がこんな状態でいけるわけもなく諦めていたら、

パートナーが、今からでも行ったらどう?

 

子どものことは大丈夫だからと言ってくれました。

 

言葉に甘えて参加。

帰ってきたら、子どもたちは寝てたんだけど、

パートナーがぽつり。

 

「やっぱり、ママが必要だね」

って。

なんかあった?

「別になにかあったわけじゃないけど、俺は、大丈夫。頑張れるやろと励ますことはできても癒しは与えられへんなと思った」

 

って。

私が息子にしていたことは、

抱きしめて、痛かったね。しんどかったね。ってずっと身体をさすってたって。

 

無意識だったんだけど、

でも、しんどいとき、いたいときには

大丈夫、大丈夫とは言わないと決めている。

 

だって痛いんだよ、しんどいんだよ。

まずは受け入れてあげないと。と思ってて。

 

パートナーはそんなことになにかを感じたらしい。

私はというと

息子が

「病院のとき、たくさん絵本読んでくれてありがとうね」

 

と言ったこと

 

(´•ω•`)あ。

 

あ。

 

ごめん。普段、読んでなかったね。

 

娘のときは生後3ヶ月からずっとずっと読んでたのに、2人目だと……。

 

本当に大切なことを息子は体を張って教えてくれているんだと感じさせてもらいました。

 

大切なことを見逃さないために

今日は、予定が二転三転四転五転したそんな日でした。

 

 

生かされているいのちに感謝

「生きてるだけでまるもうけ」

ciao〜

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。