子どもたちのドラマのはじまり

おはようございます

 

colorfulに生きるんだとつぶやきながら、葬儀司会、講師、共同養育的社会起業塾ファシリテーターとして、全国を駆け回るつたえびと みっこ、こと ふたおかみきこ です。

 

伝えたいことは「自分がどうあるか」

子ども社会起業塾1日目

 

7月23日各地から奄美大島に集まった

 


こちらは関空出発チーム

 

一緒にきたお母さんとははなれてこれから5泊6日の共同生活がはじまる。
まずはオリエンテーリング。
子ども社会起業塾ってなに?って話

 
子ども社会起業は、
その地域の産業や課題を知る、

子どもの目線で感じて、どう解決していくかを考える

そのチカラが自分の中にあると知る
というもの。

 

まずは、チーム分けでリーダーを決めます。

 

 

そして、それぞれの役割を決めていきます。
次に、奄美大島にいる3日間のゴールについて話し合う。

 
初日は、遠慮しあったり、ふざけたり

ついてすぐ、話し合いだったので煮詰まる。

ということで海へgo!

海にとき放ったら、とってもいい顔(´ ˘ `∗)

 

ヤドカリを見つけたら

どこから箱を持ってきて

ヤドカリの家を作っちゃった。
子どもの発想は本当に豊か。

 

この11人で6日間、共に過ごします。

 
どんなドラマが待ち受けているのやら。

 

 

まずは、ママチームと合流して

ウェルカムパーティー。

あら、写真がない。

なぜなら。
サポート講師で出し物をせよ!

という前日の指令で頭いっぱいだったからね。

 

 

出し物の課題も終えて一安心。

夜な夜なサポートスタッフでミーティングをして

 

 

とにかく「生きて帰す」

 

 

これだな。

 

 

と夜はふけていきました。
子どもたち出会って感謝

 

 

生かされているいのちに感謝

「生きてるだけでまるもうけ」
ciao〜

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。

子どもたちのドラマのはじまり” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。