自然界にときはなつと本能がよびおこされる

おはようございます

 

colorfulに生きるんだとつぶやきながら、葬儀司会、講師、共同養育的社会起業塾ファシリテーターとして、全国を駆け回るつたえびと みっこ、こと ふたおかみきこ です。

 

伝えたいことは「自分がどうあるか」

子ども社会起業塾4日目

 

喜界島の1日目の始まりです


ここまでくると私たち大人が皆まで言わなくても動けるんです。

 
前日は、喜界島に到着し

とてもテンションがあがっていたので、

特に就寝も促さずに

明日の予定だけ話していました。

 

 

すると、6時から起き出し

布団をあげて

掃除やご飯の時間も考えて動けるようになっている

 

そして、リーダー2人が

「隊長、時間が少しあるので鬼ごっこしてもいいですか」と交渉に。

 

 

時間管理も

自分たちで考える力も

交渉する力も

ついてきた。

 
この日の社会起業塾は、

喜界島の語り部さんたちに

戦争や昔の島のことを話してもらいました。



1番上のかたは95歳のかた。
とってもお元気でした。

 
85歳のかたは、話しながら目頭をおさえておられて、こちらも熱くなるものを感じました。

 
子どもたちには、ちょっと難しかったかもしれないけど

でも、何かしら感じたことはあると思う。

 

それよりも、大人の私たちの方が

貴重な体験をさせてもらいました。

 

その後、


掩体壕(えんたいごう)と呼ばれる

戦時中、飛行機を隠して置く場所や


指揮所跡


特攻花を見に行きました

 
特に何かを教えたいということでなく

それぞれに感じてくれたらいいし

感じなくてもいいし

体験として残ってくれていたらそれでよいなと。

 
そして、子どもたちの目的は


心を震わせるほどの青い海!

 

 

かっこつけていたあの子もむじゃきな子どもに戻った瞬間だったり

 
いつもいい子にしていたあの子が

「もうちょっと、お願い!」と懇願したり

 

控えめだったあの子がはしゃいでいたり

 

 

自然界に解き放つと

その子、その子の本質の部分が見えてきて

とっても素敵。

 


そして、喜界島でもラジオの取材です



奄美でのラジオに続いてだから

もうお手の物。

 

お昼は、島の協力隊の方のサポートで

流しそうめんをしました


あっとゆう間に食べたら

 

すぐ海!

 
スタッフの私の食べる暇がなく

はらぺこでまた、海に連れ出される。

 

 

子どもたちを生きて帰すミッションの1番の山場。

 

珊瑚で足はたくさん切ったけど

楽しい時間になりました。

 

 

泊まり先に帰ってからも実はまた海…


まさかの海のハシゴっす

 

もう私たち大人はクタクタなんだよー(笑)

 

 

ただ、最初のスギラビーチがとても綺麗だったもんで

子どもたちは物足りない様子。

 

また、家族で喜界島に帰ってきてね。

 

 

夜は、泊まっている集落の方との交流


徐々に集まって来てくださいました。


島では、子だくさん。

7人のお子さんがいらっしゃる方まで

島の子、子ども塾の子合わせて26人凄い
大人も大交流。

 

 

次の子ども社会起業塾をするなら

あれもいいよ、これもいいよ。

 

もっと早く言ってくれたら

させたいことたくさんあるんだからーーと

熱く熱く語ってくださいました。

 

 

また、喜界島にたくさんの友達ができ

帰ってきたくなったのは子どもだけではないはず。

花火が終わって

子ども塾のリーダーたちがしおりを持って

なにやら画策中。

 
ちらっと話を聞いていると

「俺ら、明日のスケジュールはこれやねん。いつなら会えるかな…」

 

 

と島の子と遊びの約束をしてるみたい

 
しかし、子ども塾は結構、ハードスケジュールなもんで

空いた時間はほぼ無い。

 

 

で、考えたのが

 

「隊長、この子たち(島の子)を子ども塾に連れて行ってもいい?」

 

おおお、そう来たか。

 
島の子のお母さんに聞いておいでと

自ら交渉。

 

約束を取り付けてきました。

 

するとまた、リーダーたちが来て

 

「隊長、この子たちの昼のお弁当は追加しなくていいの?」

 
だって。

そんなことまで気を遣える様になったんだね。

 

本当に日に日に子どもたちが成長していて

大人がびっくりするほど。

 

この島の人たちとの交流は

子どもにも、大人にも

大きな「ナニカ」を残したね。

 

 

スットコドッコイ かおりんがかなり酔っ払ってたのは、絶対楽しかったんだと思う(笑)

 

 

明日が喜界島最終日。

 
最後の1日は何がおこるのやら

 

 

小野津集落のみなさんに感謝

喜界島の協力隊のみなさんに感謝

 

 

生かされているいのちに感謝

「生きてるだけでまるもうけ」
ciao〜

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。