カコ、イマ、ミライ。一つにつながっていく

「自分の時間を好きなことでうめていきたい!働くも生きるも♪」

子育てをしながら、司会、講師として、全国を駆け回り、色んな人と会い、

大好きなお酒と美味しものを楽しむつたえびと みっこ こと 二岡美樹子(ふたおかみきこ)です。

 

人は、私のことをサイボーグタフ岡と呼ぶ

ただいま、動く家(店)始動に向けて奮闘中♪

 

映画「未来のミライ」

 

ようやく観たかった映画「未来のミライ」を観てきました。

壮大なストーリーをイメージしていたら、きっと物足りなく感じる人も

でてくるんだとは思うけど、子育て中だからこそ、しっくりくるのかもしれないな。

 

パートナーは、途中、寝てたからね。
あれ?パートナーも子育て中だよねww

 

でも、作品がどうこうというよりも

その作品からどう感じていくかは「自分次第」

 

愛を得たり、失ったり、その繰り返しが人生。

失ったらもう一度得るためにアイデンティティーを探す。

これは、4歳児の話でなく

「普遍的な人生の話」

引用:公式パンフレットより

 

まさに、アイデンティティーを探す旅。

 

息子の苦悩?

 

主人公であるくんちゃん

4歳児だけど、7歳児の息子とかぶる・・・笑

彼も、いろんな不安や悩みや苦悩と戦っているのかもしれないね。

 

映画終わって、くんちゃんに似ているというとかなり嫌がるけどね。

 

くんちゃんが、迷子になった時に、遺失物窓口でいわれること

「迷子ではなく、失くしたのは自分自身というわけですね」

「自分で自分自身を証明する必要があります」

 

4歳児に言うにはとっても難しい言葉。

 

まさに自分ってなんなんだろうって考えさせられるし

子どもたちもこういう風に成長していくんだと感じた場面

 

ミライからイマ、そして、ミライに

 

私たちが歩んできたことはすべてイマにつながっている

そして、ミライへ。

 

これからどんなコトバでどんなコウドウで生きていくか。

 

巡り巡っていくんだと感じさせてもらえました。

子どもたちも

私自身も

 

山下達郎の歌もしっくりきててよかったな♪

 

 

みなさんの人生がサイコーになりますように。

good Time!

 

The following two tabs change content below.
二岡 美樹子

二岡 美樹子

代表合同会社なないろじかん
合同会社なないろじかん 代表。 1974年11月7日京都生まれ。 葬儀司会、司会育成、講師、 講師派遣を行っています。 バス型キャンピングカーで動く店、 動く家を作ろうと奮闘中。 お酒が大好き。食べるの大好き。 そこに集ってくる人が大好きです。 止まっていられない性格。 サイボーグタフ岡。 ママハタ、エクスマ88期。
二岡 美樹子

最新記事 by 二岡 美樹子 (全て見る)